音楽・ライブ

分かった分かった。いいから、黙ってラルク聞いとけ。Part1

どうも。ハナキノボル(@novl_h)です。

友人のKくんに寄稿してもらいました。おすすめのアーティストの曲とアルバムを紹介してもらってます。

—————–

初めての投稿で、紹介したいアーティストい過ぎて困ってるんですけど、まあやっぱりまずはこのグループからということで…。

ボーカルはその辺の女よりも綺麗ですよね!(笑)

いいから黙ってL’Arc-en-Ciel聞いとけ

ちょっとロック好きな奴に、いつも聞かれます。

オススメのロック教えてー!

僕は答えます。

とりあえずラルク聞きなよ。

すると大体言われます。

えーそんな有名なj-popじゃなくて、もっとこう掘り出し物的なオシャレロックみたいなやつないのー?洋楽も有り!

殺意が湧きますね。

いいんですよ。確かにオシャレロックも洋楽もいいです。僕も好きです。

でも有名だからとか、声に癖があるとか、V系だとかj-popだとか。

いいから黙ってラルク聞いてみろ。

俺がすすめる曲全部聞いてみろ。

聞いてから文句言え。

感情的になりましたすいません。

ってことで今回は僕がオススメするラルクの曲をメジャーどころからちょっとマイナーどころまで、一気に紹介しちゃいます!(笑)

自己満ですがどうぞ!

L’Arc-en-Cielって誰?っていう説明は不要ですよね?

説明不要だと思いますけど、一応ラルク処女のためにもラルクの基本を説明しておきますね。

ラルクことL’Arc-en-Cielは

  • ボーカル.ギターの「hyde」
  • ギターの「ken」
  • ベースの「tetsuya」
  • ドラムの「yukihiro」

の4人で編成されるロックバンドです。


よくラルクのことをV系っていう人がいるけど、彼らはV系ではないですよ。

というか厳密に言うと、彼らは音楽をジャンル分けされるのをあまり好んでないなく、「いい音楽かどうか」を大事にしているバンドです。

だから皆さん、なんとなくでV系とかいうのはやめましょうね。

まあ聞く側がそう思ってしまったらそれはそれでしょうがないんでしょうけど…。

初期の頃の彼らのMVとか見ると、確かにV系を匂わすヴィジュアルですしね。(特にBlurry Eyesとか)

でもラルクの音楽は本当に素晴らしいんです。

だからこそ今回は、ちょっと偏見もっちゃってる人たちの価値観をぶっ壊すためにも、紹介しまくるんでよろしくです。

ちなみに「L’Arc-en-Ciel」とはフランス語で、和訳すると「虹」って意味なんです。

常識なので覚えておきましょう。

全アルバム紹介

さあ、ではまずラルクの全アルバムを紹介していきます。

  • 1st Album 「DUNE」
  • 2nd Album「Tierra」
  • 3rd Album「heavenly」
  • 4th Album「True」
  • 5th Album「HEART」
  • 6th Album「ark」
  • 7th Album「ray」
  • 8th Album「REAL」
  • 9th Album「SMILE」
  • 10th Album「AWAKE」
  • 11th Album「KISS」
  • 12th Album「BUTTERFLY」

まずこれが現時点で発売されているラルクの全アルバムです。

この中かから僕が「この曲は間違いない!」

って曲を、勝手にカノウ’s BESTと称して、数曲ずつ抜粋していきます。

紹介したい曲があり過ぎて断腸の思いで抜粋しています。

なるべく「有名な歌」、「聞きやすい歌」を選ぶようにはしましたが、完全に私的なので、偏りはあります。

でもそこはタイトル通り、黙って聞いてください。(笑)

では、カノウ’s BEST。

どうぞ!

DUNE編(1stアルバム)

voice

少し癖が強い歌ですが(DUNEは全部癖強い)、聞けば聞くほどいい歌です。

1993年の歌なのにもかかわらず、色褪せない…。

個人的に前奏聞くともうやばくなる。

As if in a dream

これも名曲です。

ギターもベースもかっこよすぎます。

liveバージョンがおすすめ!

Tierra編(2ndアルバム)

Blurry Eyes

はい、これは超有名曲ですね。

知ってる人も多いんじゃないでしょうか。

とっても綺麗なサウンドで心が浮かれるような歌です。

これこそ黙って聞けって感じですね。

風の行方

これ僕めちゃくちゃ好きなんです。

切なさ2万な歌です。

歌詞とかまじやばいよ。

hydeってあんまり恋愛的な歌詞書かないんですけど、これはガッツリ書いてます。

失恋した女の子とか聞いたらきっと泣いちゃうと思います。(笑)

heavenly編(3rdアルバム)

Vivid Colors

これもマジでやばいです。

カラオケ行ったら98%歌います。

これ知ってる人とカラオケ行きたいです。(笑)

名曲と言わざるを負えない。

騙されたと思って聞いてみて。

夏の憂鬱

はい。ラルク唯一の曲名に「夏」がつく歌。(多分。違ってたらごめんなさい。)

くっっっっそいい歌です。

切ない系の歌なんですけど、Cメロが圧巻。

鳥肌無しには聞けないです。

liveバージョンとか、気抜いてると昇天しますよ。(笑)

聞くべし。

True編(4thアルバム)

Caress of Venus

これもくっっっっそやばいです。

さっきからそれしか言ってませんけど。(笑)

初めて聞いた時に、「なにこの神曲!!」って声に出して言っちゃいました。

流れるようなサウンド、横揺れしたくなるようなビート、ちょっと切ない歌詞。

最高です。

flower

これは説明不要な神曲ですね。

ラルクあんま知らなくても、この歌は大体みんな知っていますよね。

僕がラルクにはまるきっかけになった歌でもあります。

お前がラルク歌うの!?みたいなオジさんも結構この歌は歌ってますよね。(笑)

これは外せません。

the Fourth Avenue Café

この歌はあの私的伝説のアニメ「流浪剣心」の主題歌となった歌です。

また、ラルクファンの中で人気投票no.1の歌でもあります。

とても聞きやすい歌ですので是非!

Lies and Truth

これも割と有名な歌ですね!

とんでもなく綺麗でメロディカルな歌です。

ラルク初心者にすごく聞いてほしい歌です。

ラルクの素晴らしさが凝縮されてる歌なので!

風にきえないで

これは曲を流して5秒で心を奪われた歌です。

一時期チャリ乗りながら延々リピートして聞いていました。(笑)

黙って5秒聞いてみてください。

最後まで聞いちゃいますよ。

HEART(5thアルバム)

winter fall

はい。これもきっと説明不要でしょう。

冬はこれ聞かないと始まらないですね。

もちろん僕は夏でも聞いています。(笑)

スノボー行きながらこれ聞いたらもう幸せすぎて死ねる歌です。

Shout at the Devil

ちょっとハードなカッコイイ系です。

もうタイトルかっこよすぎですしね。

liveの時とかもうちょうかっこいいです。

fate

この歌はちょっとダークネスな感じなので、多少好き嫌いが分かれるかもしれませんが、ダークな雰囲気な歌が好きな人は絶対好きですね。

切なさとダークネスの融合。

さすがです。

ark(6thアルバム)

HEAVEN’S DRIVE

これも有名ですね。

theバンドって感じの歌です。

このMV見たらバンドやりたくなること間違い無し!

短髪のハイドもかっこいい!(MVでは短髪なんです。)

Driver’s High

これはきっとラルクの中で1.2を争う代表曲ですよね。

カラオケでもライブでも盛り上がること間違いなし!

ちなみに僕はこのMVに憧れて、車のなかで1000円札バラまいてドライブしました。

1000円札ってとこが可愛いでしょ。(笑)

DIVE TO BLUE

これも有名ですね!

とっても爽やかな曲。

聞くととても軽やかな気持ちになれます。

↓長文すぎてスマホで見れないというご意見をいただいたので、分断しました。残りの部分は下記記事で見れます。

分かった分かった。いいから、黙ってラルク聞いとけ。Part2

まとめ

はい。長々とありがとうございます。

書いた後に思ったんですけど、この記事は無理がありました。(笑)

厳選するのが難しすぎて、どの歌を外すか悩みすぎて吐きそうになりましたもん。

欲張りすぎたのがよくありませんでした。

これからはアルバム1枚単位とか、曲調でジャンル分けとかして書こうと思います。

また、シングルのカップリング曲でアルバムには入っていない為、今回紹介できなかった曲もたくさんあることも心残り…。(「賽は投げられた」とか)

あと僕はバラード系よりもちょいハード系が好きなので、やっぱり選曲が偏っちゃいますね。

でもまあなるべく有名な歌とか聞きやすい歌も入れたと思うので、ラルクに興味がある人も、ない人も、是非参考にしていただけたらと思います。

一人でもラルクファンが増えることを祈っています!

ABOUT ME
ハナキノボル
このブログの著者です。